北米 中米 南米の先住民族インディオの民族楽器

Writer: admin Type: bensonb Date: 2019-01-11 00:00
北米 中米 南米の先住民族インディオの民族楽器 伝統楽器はどんなものがありますか?出来るだけ多く教えてくださいあくまで先住民族インディオの民族楽器 伝統楽器で欧州から来た白人やアフリカから来た黒人の民族楽器 伝統楽器は含まないです よろしくお願いします共感した0###ボリビアの音楽をやってる知り合いがいた。フォルクローレという音楽だと思ってたが現地の人は別の言い方をするんだそうだ(忘れました、すみません)。チャランゴというアルマジロの甲羅をボディにした小型ギターのようなのを弾いていたけど、たしか複弦5セットで、マンドリンの現地アレンジなのかもしれない。笛はケーナという尺八のようなタテ笛と、サンポーニャという長さの違う葦のパイプを横にヒモでつなげたパンフルートのようなのを使っていた。打楽器はボンボという太鼓を使っていた。皮はなめしてなくて毛皮のまんま、マレットのようなバチで叩いていたので大太鼓に相当するのかも。あと何か動物の爪を鈴のようにつなげた小型パーカッションもあった。これらはなかなかギョッとするビジュアルの楽器。でも、いちばんよく使っていたのはガットギターでした。ナイス0
###北米は通常はネイティブ・アメリカンとか以前はインディアンと言いましたな。まあ、ごたくは置いておくとして。アラスカのエスキモーは団扇太鼓やラットルや口琴を使っていたと思います。カナダやアメリカ合衆国のインディアンはもっと普通の太鼓やラットル。管楽器や弦楽器は使っていないと思います。一般的に言われるインディオ(南米)だと、ケーナ(尺八もどき)・シーク(パンパイプもどき)・太鼓など。チャランゴと呼ばれるアルマジロの甲羅を胴体にした小型ギターや、ギターそのものも使われるが、これはヨーロッパの影響のもと生まれたものなので、「あくまでも先住民族インディオの民族楽器・伝統楽器」にどこまで当てはまるかは微妙。これ以外の楽器もあるにはあるが、カナダ・アメリカ・メキシコ・中米の白人やメスティソの楽器を出してもしょうがないし、カリブ海諸国は原住民がほぼ全滅しているので白人と黒人の楽器しかないし、ラテンアメリカ諸国のメスティソの楽器もここに挙げたもの以外は基本は白人の楽器だし、ムラートは白人と黒人の混血なのでどう見てもインディオとは関係がない。ナイス0

 

TAG