人は何故 物事を ありのままに見ることが出来な

Writer: admin Type: bensonb Date: 2019-01-07 00:00
人は何故 物事を ありのままに見ることが出来ないのですか?ありのままに見ることって可能ですか?え? ありのままって何ですか?共感した0###心がある以上、不可能だと思います。ナイス1
###https://youtu.be/WRBeKNttZr8こーゆーことです( • ㅿ• )ナイス0
###ありのままって何ですか? どうしても、感覚としては限定して見るしか出来ない。例えば、紫外線は目に見えないとか…可視光と呼ばれる範囲以外人は見る事が出来ない。つか、見えちまったら見えちまったで眩しそう、区別出来るかな?情報が多すぎたら脳の処理パンクすっぞ。ん?そういう話ではない?偏見の一切無い人間何て、そもそも生きてられるのか?何一つ、主張も出来ないだけの存在になりえないか?そう、仮にありのままに見えたところで…な話だ。ありのまま:偽りのない姿。ありてい(goo国語辞書)偽りとは何か?実・真・誠意味…言葉で考えてる内に、余計わからなくなる話だ┐(´д`)┌ヤレヤレ。で、結局は何でしょうな?それを知るために貴方はこれからの人生、生きていくのですか?と、妙な事を言い出してもみるか。死ぬまでに、それを解けるだろうか?あ、オレはそんな面倒なマネはしないぞヾ(・∀・;)オイオイ。あくまであなたがやるのだ!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?しょっぽクンナイス0
###ありのままに見るどころか、物事を見ることさえ、インチキくさい。人間には、目や耳や手足などの、感覚器官や運動器官はないと、言われています。物事もない。ナイス0
###人間は赤外線や紫外線が見えないので、ありのままに見えてはいないと思います。人間の能力の範囲内で見えているだけだと思います。ナイス1
###法隆寺が建立されてから1300年も経っています。あれが「ありのままに観る」ということで。昔の建築物っていうのは、どういう木があるのかがまず最初にあって、そこから設計が始まったんです。最初に現実があって、それに人が合わせていく、という考え方。それに反して今の人の考え方というのは、自分のわがままが最初にあって、それに現実を合わせようとする発想なんです。だから色々無理も多いし、歪みも多いんですよ。今の考え方は、まず最初に設計があって、それに合わせて資材を集め、組み上げが始まる。だから今の家は安っぽいし、長持ちもしない。新素材だって威張っているけど、100年ももたないものばかりで。でも昔はそうだったんじゃないんです。発想が逆なんですね。いい柱材があれば、節の位置や材質で、そこからどういう組み木にするのがもっとも美しく木を活かすことに繋がるのか。そういう考え方なんです。だからどういう人間がいるのかで、組織というものが決まってくるということ。人材に合わせて組織の規模や性質が決まるという思想なんです。今の人が作る組織も結構無理なものが多い。人に合わせていないから。人に合わせる気が無いから。だから適材適所なんていうお題目で、結局は資格だの学歴だのでしか配置を決めない。だから組織が弱いんです。会社の倒産も多いです。人間がやることは全て、人間に合わせないと上手く回らないんですね。そういう心で設計を行なう人が初めて「ありのままにものを観る」ということがどういうことなのかを教えてくれるんです。現実に心を傾けるだけでいいんですよ。ナイス1

 

TAG