父親は日本人、母親はタイ人で、一人娘さんが

Writer: admin Type: bensonb Date: 2019-01-13 00:00
父親は日本人、母親はタイ人で、一人娘さんがいま10歳になります。父親は娘さんを認知しております。日本に出生届も提出済みです。両親が去年に離婚、父親はメッセージでのみ連絡が取れません。一人娘さんが父親にメッセージを送り、日本に旅行に行きたい。日本のパスポートを取りたいと父親にメッセージを送りましたが、父親は娘の日本パスポートの取得を拒否。なぜ父親が実の娘のパスポートの取得を拒否するのかが全く理解出来ません。娘さんも何故?何故父親は日本パスポートの取得を拒否するの?こう聞かれましたが、私もこれに何と答えればいいのか分かりません。父親が日本パスポートの取得を拒否している以上、娘さんは日本パスポートを取得する事は出来ないのでしょうか?共感した0###・胎児認知して出生届を出していれば日本国籍を得る。・この場合、親権者は母親となる。・パスポートの申請には親権者の同意署名が必要となる。・パスポートの申請には戸籍証明書が必要となる。・戸籍証明書は子自身でも郵送請求できるが、請求書には本籍(X県Y市Z町100番地1のように正確に)と戸籍の筆頭者を明記する必要がある。パスポート申請書にも本籍は正確に書く必要があります。ということですから、親権者が父親に変更されてない限り、父親がパスポート申請を妨げることはできません。既に本籍と筆頭者が判っていれば勝手に進めればいいことです。もちろん成人になって初めてパスポートを申請するにも、戸籍証明書は必須です。>何故父親は日本パスポートの取得を拒否するの?来られては都合が悪いからでしょう。日本に家族がいるのではないですか。ナイス0
###詳しくありがとうございます。もしも父親に親権者が変更されていた場合はパスポートの申請は出来ない。と言う事でしょうか?親権者の確認すら取れておりません。娘さんはタイにいます。その場合、委任状を書いてもらい私が代理人となり、戸籍証明書の郵送請求をする方法は可能でしょうか?仰る通りだと思います。都合が悪い。まさにその通りだと思います。その父親の勝手な都合で母親と一人娘を置き去りして来る事が理解出来ません。

 

TAG